突然遭遇するのが自動車事故です。78-18-141

その場面でどんな風に判断するかにより自動車の保険金の受け取り額も大きく変化することもあるので考えと対応が大事です。78-14-141

想像できないハプニングに出会って慌ててしまったとしたら必要な状況を逃してしまいこの先自身が大損を負わされる場合もありますので自動車の事故を起こした場面では的確に次に述べる行動を行います。78-11-141

自動車事故をしてしまった場合に一番にするべき事は負傷した方の状況を確認する必要があります。78-6-141

事故のすぐ後は頭の中が真白になってぼうぜん自失となってしまう時がありすぐに行動を起こせないのが通常です。78-7-141

だから、怪我をした方がいたならば危険が少ない地点へ運んで応急手当をし、周囲の人に助けを呼ぶ等して怪我人の最優先に努めましょう。78-2-141

119番に電話をする場合は正確な位置を知らせて、分かりにくい状況では周囲の有名なスーパーや番地名を知らせて場所が判断できるようにします。78-10-141

2番目に110番に通報し自動車事故があった事と現在の様子を話します。78-3-141

救急車と警察を待つ内に相手のことを聞きます。78-5-141

名前、電話番号、免許証、ナンバープレートの番号、事故相手の保険会社名のような互いの情報を言います。78-15-141

この場面で事故の相手方に違反があったような場合にはすぐに解決しようとするケースが存在しますがその場所で片付けるのではなく、どういった状態でも警察や自動車保険の会社に連絡して確認してもらうようにしましょう。

各々の情報を交換したら交通の邪魔になることをやめるために障害になる物を道の上から取り除きます。

仮に障害物が他の車の邪魔になっている場合は相手と自分の情報交換をするより早くそれを行ってしまっても問題は起こりません。

その次に自分の自動車保険会社に連絡して、車の事故を起こしてしまった事を報告します。

車の事故から特定の期間の時に車の保険会社に連絡しておかないと車の保険の適用除外とされる場合もあるので速やかに連絡を入れることが大切です。

出来るのならば事故の証拠になるように、デジカメやスマホで状況やマイカーの壊れた箇所を見ることができる写真を撮っておきます。

その写真は過失割合を決定する際にかなり大きな糸口とできるので自身のクルマや相手方のクルマの故障個所をしっかりと証拠として残しておきましょう。

その際に近くに人がいたら警官の方が保険会社の人が到着するまでその場に待っていてもらうように呼びかけることも忘れてはいけません。