LINK

自動車重量税、別称重量税は日本の自動車や輸入車という車の生産国やプラグインハイブリッド車、ハイルーフ車という自動車のタイプも例外なくたとえばホンダやフォード、等でも普通に納付しなくてはならない税金のことをいいます。俺得修学旅行27話 誰にも言えない秘密(2)画像・ネタバレ・あらすじ

新車を登録するさいもしくは定期的にある車検のさいに納付する税なのです。すっきりフルーツ青汁 賞味期限ってあるの?口コミで見つけた気になる赤い粒の正体とは?

この支払額は対象となる自動車の大きさで決定されます。目元とまつ毛のご褒美の最安値販売店とは?アマゾン、楽天、公式サイト、薬局(ドラッグストア)?

「自動車重量税」と「自動車税」は全く別の税金なのできちんと理解をして一緒にしないようにしてください。

「自動車重量税とは車のウエートによって」「自動車税という税金は総排気量毎に」税額が違います。

それで買い取りする際の扱いも異なりますので、注意が必要です。

自動車を売却するときには支払った重量税がどれだけ残っていたとしても、その税額が返還されることはないですが、一方自動車税の時は、支払い済みの金額を査定額に乗せてくれるようなことがあるものの重量税の場合は上乗せしてくれるようなことはあまりないはずです。

重量税は自動車の処分時に納付済みの税額が残っていると言っても買取専門店の方でそのことが材料になるケースは少ないのです。

ですのでその次の支払い分かりやすく言えば車検まで処分するのを少し保留し買い取りをお願いするという方法が無駄がないです。

引き取りの際は還付の対象にならない重量税でも、一定の条件の事例では戻ってくることもあります。

このケースは、次の車検までの期間が残ったままの愛車を廃車処理する時。

要は廃車申請をした際に残っている車検期間に応じて税金が戻ってきます。

ただ自動車の引き取りの場合はその中古車が廃車されるわけではないので還付されません。

それから、自動車の名義変更をしてしまった際や、盗難にあった際も返金してもらうことはできません。

重量税の残存期間があるクルマを手放すことはつまり車検期間がまだある中古車です。

それを店側も計算に入れますので、自動車重量税が残存していればそれなりに査定額が上乗せされると思います。

当然、買取額は店によって異なりますが車検の効力が残っている事実が考慮されればクルマの査定額と比較するとあまり損をするということもありません。