LINK

カードが不必要になった気がする!そういった時にはクレカの使用不可能化(しようふかのうか)をしてしまいましょう。

わざわざ定義など無用だと思われますが、カードの使用不可能化とは本人が所持しているそのクレジットを二度と店舗などにおいて使用不可の状態にするようなことを指します。

この記事で無用なカードの契約解除のやり方から使用不可能化に関する要点などをわかりやすく書いていくことにします。

このページを一読して頂けたならば解約に際しての不安材料をスパッと解決して頂けることだろう。

端的に断言してしまうことになりますがクレジットを契約解除してしまうのは意外にすぐ終わります。

「クレカに一回申請をしたら、勝手に退会するのは手間じゃないの。

」という懸念や「 カードの退会の申し込みが大変なんじゃないの?」といった具合に早合点してしまう人もたくさんいるようだと伺っているがクレジットの機械読み取り側に表記のある電話番号に連絡をした上で、クレジットカード退会の意志を確認するだけで楽ちんで無効化が可能(たった3分くらいで出来てしまいます)。

クレジットカードを契約する準備の時はものすごく煩雑だったのとは対照的に契約解除の手順は本当に数分の電話で終わってしまうの?という具合に拍子抜けして固まってしまうに違いありません。

本当に機能停止の手続きは手間無しに出来るものでしょうか?間違いありません。

クレジットの契約解除の手順は特別な事例を外すと機能停止のためのフォーマットもない上に執拗に申請が長引いてしまうような事態もない。

全く一度「保持しているクレジットサービスを使用不可能化したいのですが・・・」というように受話器の向こう側の係員に向かって願い出るようにして頂ければ終了です。

実際、知人も昔から30枚を越えるほどのクレカを使用中止するために申請を行ってきたものの、一回も使用不可能化においてとまどったような場合は体験していないのでこういった問題については一息ついて欲しい。

家内から聞いた、誰かが実際に体験したという情報では機能停止を申請オペレーターに話したところ退会したい理由を確認される事態が存在したらしいのですがしつこく追及されるのではなく軽い調査の域を出ない軽い聞き方だったと言っていたので、引き止められることも知る限りないと聞かせてくれました。

万が一理由を質問されたという事態があったとしても素直に『使う理由がなくなったと感じたから』もしくは『あの会社のカードサービスの広告を見たら活用できそうなので』などとしゃべれば問題ないのです。